ごはん料理

赤かぶの葉チャーハン&甘酢漬け

14012602.jpg

地場野菜のお店の「赤かぶ」がおいしそうだったので買ってみました。

赤かぶの根の部分は、ビタミンC、カルシウム、
食物繊維のほか、アミラーゼを含んでいます


アミラーゼは消化吸収を助け、
胃の不快感を解消する効能があるといわれてます。



赤かぶの葉は、βカロチン、ビタミンB1・B2、
ビタミンC、カルシウム、カリウムと根の部分より栄養が豊富
です。

そんな栄養価の高い葉っぱを捨ててしまうのはもったいない・・・

なので、葉っぱはチャーハンに混ぜることにしました。

前日に作った「紅茶豚」が少し残っていたので、
チャーシュー代わりに入れてみたらベストマッチでした(人´∀`)♪


14012604.jpg

●かぶの葉チャーハン●(2人分)

・玄米ごはん…茶碗2杯
・かぶの葉…1株
・チャーシュー(今回は紅茶豚)またはベーコンやちくわでも…適当に♪
・卵…2個
・にんにく…1かけ
・塩、こしょう…少々
・しょうゆ…大1
・ごま油…大1くらい

1.にんにくみじん切り。かぶの葉みじん切り。
  チャーシューなどは2cmくらいに切っておく。

2.フライパンで溶き卵を半熟に炒め、取り出す。

3.そのフライパンにごま油を熱し、
  にんにくを入れて香りが出るまで炒める。

4.かぶの葉を入れ、しなっとしたら塩こしょう。

5.玄米ごはんを入れ炒め、2の卵を戻し入れる。
  最後にしょうゆを加えて香ばしく炒める。



根の部分は、半量を千切りにしてコールスローに混ぜ(画像なし)、
半量は「甘酢漬け」にしました。
14012603.jpg

●赤かぶの甘酢漬け●

・赤かぶ…1/2株
・塩…小1/2
・きび砂糖…大1
・米酢…大2

1.赤かぶは食べやすい大きさにスライスする。

2.ボウルに1のかぶと塩を入れ、しばらく置く。

3.しんなりしたら水気をきり、ジプロックに入れる。

4.きび砂糖、米酢を入れ、もみ混ぜる。
  
そのまま1日以上おけば、味がなじんでおいしく食べられます。


どうぞ箸休めに。
色どりもきれいなのでお弁当にもおすすめです♪


スポンサーサイト

ぶり大根☆和食ランチ

13120301.jpg

今週から息子&娘が定期テストのため、
お弁当作りはお休み。(人´∀`).☆.。.:*・゚

平日のお昼は、前日のおかずの残りや、
お弁当の残りものなどですませることがほとんどです。

昨夜は圧力なべで“ぶり大根”を作ったので、
本日のランチは「和食定食風。。」で♪

テスト一日目を終了して帰ってきた娘と食べました。


13120302.jpg

☆ぶり大根
☆白菜とりんごのサラダ
☆豆腐とわかめの味噌汁
☆玄米ごはん
☆安納芋のバター焼き


娘が大好きな“ぶり大根”は、圧力鍋だと短時間で作れます。
染みしみ大根&ほろほろ~と柔らかく煮えたぶりが美味でした♪

白菜とりんごのサラダは、
塩とオリーブオイルで和えたシンプルなもの。

鹿児島の祖母から送られてきた安納芋を
レンジでチンしたあとバターで焼いて、
きび砂糖をからめました。
簡単なデザートになりました♪

***

娘は自室ではなくリビングで勉強するので、
テスト期間中はテーブルの上がえらいこっちゃです。
テスト期間しか勉強しないわが子たち・・・(-_-;)

自室だと集中できなくて寝てしまうんだとか?
家族にはとても迷惑な言い訳です。(笑)

おかげで母ちゃんも見たいテレビをガマンしてるので、
HDDが録画番組でパンパンです・・
明日でテスト終了なので、見まくるぞ!うぇ~い(^^)v
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。